2017#K130【雇用保険】被保険者資格喪失届


雇用保険被保険者資格喪失届/氏名変更届雇用保険被保険者資格喪失届は、被保険者が離職、死亡等により被保険者でなくなったときや、被保険者の資格要件を欠くことになった時に提出する資格喪失の届出です。また、婚姻などにより氏名が変わった際に提出する雇用保険被保険者氏名変更届も、当様式を使用します。 空様式


●提出官署事業所を管轄するハローワーク ●提出期限被保険者でなくなった日の翌日から10日以内 ●添付書類本人が希望する場合は離職証明書


▼ 画像をクリックすると印刷用の高解像度PDFが開きます。

雇用保険被保険者資格喪失届

▼ 記入のポイント

①資格喪失時と氏名変更時は同じ書式を使用することになりますので、必要とする手続きにあわせて使用しましょう。

②「喪失原因」は、以下の区分に従って記入してください 。「1離職以外の理由」→死亡・出向・取締役に就任・労働時間が20時間未満になる、等、 「23以外の理由」→自己都合・契約期間の満了・定年退職・重責解雇、等 「3事業主の都合による離職」→事業主の都合による解雇・事業主の勧奨などによる任意退職、等

③被保険者本人が離職票の交付を希望する場合は「1」、希望をしない場合は「2」を記入してください。ただし、59歳以上の方が離職された場合、本人が不要と申し出たとしても、必ず発行しなければなりません。「1」と記入することになりますので注意しましょう。

④氏名変更時はこちらに新氏名を記入します。その際は、離職理由、離職票の発行等は記入不要ということになります。

▼ ワンポイントアドバイス

離職証明書は離職した際に基本手当を受給するために必要となりますので「要・不要」の確認が退職時には必要になってきます。 手続後、ハローワークより「雇用保険被保険者資格喪失確認通知書(事業主用・被保険者用)」が交付されますので、被保険者用は本人に渡し、他は会社にて保管します。

▼ 関連する手続き

雇用保険被保険者資格取得届雇用保険被保険者離職票雇用保険被保険者離職票雇用保険適用事業所設置届雇用保険事業主事業所各種変更届

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントは停止中です。